読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツールドおきなわ(レース当日)

女子国際レース100キロ
27位/完走36名
3時間35分14秒 トップとの差28分42秒

早朝は寒かったぁ、風が強くて冷たかった。
ヒロミさんからkakoさんのwinterオイルを少しもらって塗ったら、だんだん脚がほぐれてきてポカポカに。
アップを始めると日も出てきて気温も上がり始め、暖かく。

昨年はスタートの登りで速攻千切れてしまい、全くレースにならない走り・・・
今年は与那の入口までは千切れないようにと、とにかく最初だけ集中。

チャンピオンクラスが通過し、すぐ女子のスタート。
スタート〜
今年は昨年よりもペースが若干早かったように感じましたが、集中して走れて無事に奥の登りを通過。

海沿いに出るとペースは落ち着いた様子。途中の工事区間は慎重に通過。
後ろから来た市民100キロにくっついて、奥で千切れた女子もここで合流されてしまう。
ひとまず与那の入口まで千切れずに来れたので、目標は達成。あとは頑張るのみ。

与那〜
ここからはどんどん絞られていき、私もここで集団から脱落。。。
前に見える選手から離れ過ぎないように気をつけながら、この区間は坦々と。
普久川ダム頂上までに、いろんな方から応援をいただいて頑張れました。

分岐を過ぎて細かなアップダウンの区間へ突入。
ここで各クラス混じったりしながら通過。
下り区間に入るとコスカボの性能が発揮されて、ものすごく速い!
あっという間に海沿いへ。

脚はすでにパンパンだけど、平地区間に入ると比較的脚がよく回って、まだまだ走れる感じ。

慶佐次(補給所)〜
水ボトルを受け取る。
ここまで数人の女子選手と走っていたけれど、ここを過ぎたら分裂した模様。
私の前に出てくる人はいなかったので、あとはパスされないように集中して走る。

羽地ダム〜
走行距離は80を超えて、いよいよ終盤。
ここは無理をせず、でも気を抜かずに坦々と。

ゴール〜
男性と混走になったけれど、うまくローテーションが回らず。。。
追い風基調で速度が上がり、50キロぐらいで巡航。
スプリントも一緒になって開始。残り200メートルから仕掛けた人の後ろにつき、150メートルからスプリントを開始。
ちょっとギアが大きかったけれど、最後までもがいてゴール。
残ってる脚を使いきってもがくことができました。

ケガも無く、無事にゴールできてよかった〜
途中、応援してくださったみなさまありがとうございました。


夜はチームの打ち上げに「名護曲」、その後「A&W」へ。。。
明日はまったりするんだ〜