読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【実業団】経産大臣旗ロードレース2日目

10位 完走13名/出走21名

時間 1:54:49  トップとの差 07:21   31.35km/h  

今日は私がレースの日なので、旦那さんがサポートしてくれた。
4:30起床で、5時には宿を出発。
会場のゲートはまだ開かないので、下の駐車場でローラーを出してアップ開始。

ヒロミさんと一緒にサインを済ませ、コースを1周試走。
今日のレース、旦那さんから「1周目の心臓破りの坂がゴールのつもりで全力でついていけ」とのこと。
(1周目で切れたら、バンジージャンプやらされる(笑))

軽く1周試走を終えると、1度だけ目いっぱい上げてこいと、もう1周。
そしてスタート。

ヘアピンコーナーまでローリングスタートなので、中盤あたりで待機。
そしてリアルスタートになってスピードが一気に上がり、なんとか中盤より少し前をキープできた。

そして問題の心臓破りの坂へ。

前方でギアを掛けていく音がしたので、タイミングが遅れることなく私も一緒になってギアを掛けてみると、前に出て行けた。もちろんここは目いっぱいの全力で。

今までいつもここで落ちていくのが私だったのですが、今回は何が何でもと落ちてきた人を避けてなんとか坂をクリアー、初めて集団に食らいつくことができた。
ここからは集団に乗って行けるので、脚を回して回復させる。

ゴールライン反対の直線下り区間にさしかかる。
旦那さんは、1周目の心臓破りで人数が半分になったアナウンスを聞き、さすがに私はいないだろうと思っていたようで。
集団の1番後ろで必死になっていた私を見つけて「いたーー」って言ってたのが聞こえた(笑

女子トップ選手の集団はとてもスピード感があり、今まで味わったことが無かったので何だか気持ち良かった。
コントロールラインでは1度だけど、ローテーにも参加させてもらえた。

2回目の心臓破り、ギアを掛けるタイミングは先ほどのように出来たけれどここで尽きてしまった・・・

しばらく単独、のちに5人の集団が来たので合流して第2集団へ。
いつも湘南ベルマーレの方と白ピンクジャージ(チーム名分からず)の2名が上りで千切りにかかるけれど、結局はどこかで吸収しているので、無駄に脚は使わないよう自分からは追いかけず自然と追いつく形。
ヘアピンカーブ区間になると水玉ジャージの方と私が自然と先行するので、その先の坂で先に上っておいて脚を休ませる。

終盤に近づくと水玉ジャージの方と、緑ジャージの方が切れ、ベルマーレ、白ピンク、なるしま、私の4名に。ラスト1周の心臓破りでなるしまの方が切れ、ベルマーレ、白ピンク、私の順でゴールスプリントへ。

脚もだいぶきつかったので、ギリギリまで仕掛けるタイミングを待ってしまい、2番手の横に並んでスプリント、ギリギリかわせて10位。
レース後、1周ついて行けたことが旦那さんにほめられました。

私も嬉しかった!

レース後はクールダウンし、JPTクラスの応援をした後、お先に失礼させてもらいました。

私たち、テツさん、ヒロミさん、カガワさんの5人で秋ヶ瀬公園へ。
物見山1周しつつの、回復ライドへ(私は回復になってなかったのですが・・・)
お昼過ぎにスタートし、帰りはガレンジさんにお邪魔して休憩し、夕方に車に戻ってきました。
夜ご飯はアルカラムで。

自宅で、テツさんがレースを録画していたのを見ながら色々確認し、寝たのが23時過ぎてたかな。

明日はみんなで奥多摩方面へ。