読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実業団 群馬CSCロードレース Day-1

Fクラス(5周回) 18位/25名中 30名出走

57分53秒 トップとの差6分54秒  31.09km/h

アベレージ 157W 76rpm

 

宇都宮クリテ以来の実業団レース、群馬CSC1日目。

前日からお弁当のおかずの準備などして、当日の朝ご飯とお昼ご飯はお弁当持参で。

息子のベビーカーなど大きな荷物もあるので、最低限砂利敷きの駐車場内に入りたくて、朝4時半には自宅を出発し、なんとかギリギリで会場近くの駐車場に入れた。

早く来たから朝のうちは時間はたくさんあるので、ゆっくりと朝ご飯を食べてから受付へ。会場の朝は10度と肌寒かったけれど、日中になると日差しがキツく感じるほど暑かった。

すでに来ていたハジメさん&カコさん夫妻にご挨拶。カコさんに少しだけお尻周辺をほぐしてもらったら、あまりの激痛にギブアップ(汗

腰が張っていたのをだまっていたのに、腰痛いでしょ?とグリグリとヒジを入れられて

悶絶・・・おかげで少し楽になりました。

 

例年だとFクラスは、E1の2~3分後のスタートだったけれど、今回は両日とも他クラスとの混走ではなく単独レース。

30名と人数がいたので、スタートは1番前で。下りが終わってリアルスタートするまではアクシデントを避けたかったのでほぼ前方で位置してスタートが切れた。

が、肝心の心臓破りの坂に入る手前のアップダウンですでに登れないのが露呈してズルズルと後退していく。

f:id:x_mizucha:20160426095810j:plain

photo:ぺろみさん

 

そして坂に入り先頭集団から切れ、それを追いかける集団からも離れていく・・・

私の前には赤いジャージの選手とバルバの選手の2名がいて、3人パックになって終始回しながら走っていたけれど、前を行く選手はぜんぜん見えないままだった。

4周終えてラスト周へ。

f:id:x_mizucha:20160425143102j:plain

photo:さやかさん

3人パックで走っていたのも心臓破りの坂で個々になり、私は2人から遅れてゴールラインを通過。

完走できたのは嬉しかったけれど、ぜんぜん登れていなかった。ダンシングするにもシッティングで回すにも、ケイデンスが他の選手より低くて明らかに筋力不足と感じた。

もう少し登りが早くなりたいから、今後は登りを意識した練習にしてみようかな。

 

レース中に息子を見てくれたイズちゃん、チーム員のみなさま、どうもありがとうございました~

 

レース後は宿へ直行し、旦那さんと息子に先にお風呂に入ってもらい、いつもの五郎平衛やかたでうどん定食。

f:id:x_mizucha:20160423181455j:plain

ここなら息子も一緒にご飯を食べられるので安心~

私達の前に偶然、イズちゃんグループとゴローさんグループがいたけれど、息子を気遣ってくれて先に注文させてくれたりと、ありがとうございました。。。

 

宿に戻ってからゆっくりとお風呂に入り、息子を寝かしつけてから旦那さんの脚をオイルマッサージをして就寝。