読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単独しいたけ練

旦那さんのお義母さんが半日息子を預かってくれることになり、甘えることに。

早朝に息子を預けて、しいたけ練へ参加。

 

男性陣の出発20分ぐらい前に、先に単独で出発。

長狭街道をゆっくり走り、周回コースで合流したら後ろで切れるまで頑張って走ろうと思っていたのだけれど・・・今日は全然掛からないので先が不安だ。

 

周回コースに入り、まだ男性陣は来なそうだったので1周インターバルにする。しかししいたけ坂に入った途端に脚がすでにいっぱい?最初だったので4倍でなんとか登れたが、次に4.5倍出るかすごく不安。白石側も一応やってみるが、すぐ脚がいっぱいになって頂上手前で腰を下ろしてしまった。

2周目のしいたけ坂もインターバルを入れてみたが4.5倍でもう限界を感じるほどいっぱいで3周目は5倍には届かなかった。いつもなら5倍はいけるのにショック。息子を預けてまで練習に来ているのにこんな調子だったことで、なおさらショックが大きい。

4周目に入っても男性陣は後ろから来る気配が無いなぁと思っていたら、しいたけ坂の手前で合流。なんてタイミングが悪い所で。

旦那さんが、息子を置いてきてるんだから頑張れ!と檄を飛ばしてくれたが、踏めないものはもうどうにもならなかったので、走れない自分にイライラしてたから余計ムシャクシャした。

湾岸チームのクドウさんが、私が切れないように後ろを確認しながらゆっくりしいたけ坂を登ってくれていたのに、もうスカスカで踏めない私はしいたけ坂で切れてしまって、ものすごく申し訳ない気持ちでいっぱい・・・ついて行けなくて悔しい。

ラスト1周は、出せるだけ出し切って終了。30分以上もかかった・・・

 

帰りの長狭街道はものすごくゆっくり走り、ヘロヘロになって保田に到着。

自転車から降りたら、お尻周りの筋肉が硬くなっていてひどかった。これじゃぁ踏めないはずだ・・・

せっかく男性陣について走れるいい機会だったのに、非常に残念。旦那さんが戻ってくるまで、車内でしょんぼりしていた。

 

旦那さんが戻ってきて、すぐに帰りの準備。自宅の近所でお昼ご飯を済ませてから、息子を迎えに行く。旦那さんの実家で夜ご飯をいただき、のんびりと。

旦那さんにかたまっていたお尻周辺にヒジを入れてほぐしてもらい、脚が軽くなった。