読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【実業団】東日本ロードクラシック群馬大会 Day1

Fクラス5周 17位 56分42秒 トップとの差 5分10秒  Av31.74km/h

完走23名/31名出走 出力アベレージ145W 72rpm

 

旦那さんが早朝の監督会議に出席するため、早めの出発。夜中にに息子がちょこちょこ動いていたので、私も旦那さんも眠りが浅くて寝不足・・・。若干私の方が寝られていた感じだったので、行きは私が現地まで運転して旦那さんには休んででもらうことに。

今年はちょうど桜が満開のタイミングだった群馬CSC。ところが、吹き降ろしの風が冷たくて思っていたより寒かった。

 

私の直前に旦那さんのレースがあったので、アップはチームテントですることに。その間息子はチームテントでケイトやアキさんにもてもらうことが出来て助かったけれど、息子は朝早起きだったのでご機嫌ナナメ。見てもらうにも大変だったかも(汗)

スタートラインでカコさんに上着を預かってもらい、いよいよスタート。ローリングを終えるとペースがグッと上がっていよいよ始まる。まずはどこまでついて行けるかだ。

心臓破りに入るまでなるべく無駄足を使わないで済みそうな位置取りをし、心臓破りに入る手前でジワリジワリと前に位置。いよいよ坂に入った途端、思っていた通りすぐにバラけ始めた。

切れていく人達をパスしながら、まず1周目は集団から切れないようにと頑張ってついて集団に残ることに成功!でも集団の前で引く脚は無かったので、ついていくだけで精一杯だとすでに悟ってしまったので、あとはどこまで集中してついていけるかだ。

f:id:x_mizucha:20170425065309j:plain

photo:三井 至さま

 

2周目、3周目まではなんとか残って集団で走れていたけれど、4周目の心臓破りでとうとう遅れはじめてしまい、ここからゴールまで単独で走行。前はもう誰も落ちてこなかったし、後ろから追いつかれることもなかった。

あと1周を残して集団から切れてしまったのは、心が弱かったなぁと反省。と同時に、ここまで走れるとは思っていなかったから上出来だと自分をほめたいのもあった。

 

登りの練習不足、インターバル練習の不足も露呈した今回のレース。

明日は1周減って4周だけれど、それでもキツいレースになるだろうと思う。

連日高強度に耐えられるか不安だけれど、果たしてどうなるだろうか・・・

 

レース後は一足お先に会場を出て、たくみの里で豆乳ソフトクリームを食べた。 

f:id:x_mizucha:20170422151223j:plain

夜はちょっと離れた食堂でトンカツ定食、ご飯大盛りで。ご飯が多すぎてビックリしたけれど、ほとんど食べて旦那さんにパス。寝不足な1日だったので、21時過ぎには3人で就寝。