読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もてぎエンデューロGW2017

息子をおじいちゃんとおばあちゃんにお願いし、もてぎエンデューロへ。私は4時間ソロ、旦那さんは7時間ソロ。
ところがスタートして約40分。スピードが1番出る下りで、旦那さんが後ろから追突されていて重傷を負うことに。それを知らず走っていた私は、新旧のチームメイトのみなさんから『救急車で運ばれてた』と聞き、医務室で治療を受けている程度の怪我だろうと思ってレース続行。(途中で降りたら、かえって怒られそうなので(汗))
ところがしばらくして私のゼッケンナンバーが何度もアナウンスされた。これはただ事ではないなと急いでピットへ向かう途中、バイクの先導員さんが旦那さんの状況を教えてくれ、係員さんに誘導されて医務室へ。すでに救急車で搬送先に向かっていたので、荷物をまとめて急いで後を追うこと約1時間。ストレッチャーの上で横になっている旦那さんが、、、。
鎖骨と大腿骨のつけ根の骨折に、数え切れない擦過傷。身動きが取れない状態で、痛々しく見ていられなかった。搬送先の病院ですぐ手術かと思いきや、ずっと待たされたうえGW中なのですぐに手術が出来ないとなり、最短で手術が受けられる病院へ転院し、入院手続きを済ませ、日付けが変わる前に自宅に帰って来ました。
旦那さんとつながっているみなさまには、ご迷惑や心配かけて申し訳ありません。
手術は5日の予定です。本人はすごく悔しい思いをしていますが、まずはしっかりと治さないことには始まりませんね。
高橋家最大の試練を迎えそうですが、ひとつひとつ乗り越えていきたいと思います。
最後に旦那さんに付き添って病院へ行ってくれた、さやかさん。サポートしてくださったRXの女性マネージャーさん。荷物の片付けを手伝ってくれた川田くんと村上さんの奥様。ほか心配してくださったみなさま、ありがとうございました。